Amazon セール実施中!!会場はこちらから

20畳以上LDKや吹き抜けのお家におすすめの大容量加湿器を徹底比較|パナソニックvsダイニチ【2019年】

吹き抜けにおすすめの大容量加湿器比較

どうも、20代で注文住宅を建てましたすみトマトです ( sumitomato_com )です。

せっかくの広いLDKなのに、乾燥で悩んでませんか?

https://sumitomato.com/wp-content/uploads/992278ccd6be4fb81d8b22e3dcff9fc0.pngすみトマト

実際に、新築のお家で暮らし始めたら、すごく乾燥する。

わが家のLDKは25畳+吹き抜けがあるので、普通の加湿機能付き空気清浄機では、完全に能力不足!!

どれだけ動かしても、全く部屋の湿度が上がらずに乾燥する毎日

とくに冬場、湿機能付き空気清浄機使っても、湿度が30%〜40%くらいでした。

しかし部屋の大きさに合った大容量タイプの加湿器を購入した使ってみたら、なんと!!

湿度が60%下回ることがなくなり、乾燥を感じることが無くなりました。

この記事はお部屋の乾燥に困っている方へ、大容量加湿器をおすすめしています。

大容量加湿器をおすすめする方
  • LDKが20畳以上
  • 吹き抜けがある
  • 加湿器が何台使っても乾燥する方

ご自慢のLDKの乾燥をなくす加湿器の参考にしていただければと思います。

吹き抜けのあるLDKにおすすめの加湿器2製品

おうちの LDKが20畳以上や、吹き抜けがあるお宅の場合、普通の加湿器では完全に能力不足です。

部屋の大きさに見合った加湿器を選ぶ必要があります。

代表的な大容量用タイプ加湿器

家庭用加湿器で、20畳以上の広いLDKに対応する加湿器は、こちらの2製品が主力になるのではないでしょうか。

2製品とも白を基調とした箱型のデザインで、サイズはほぼ同じです。

どちらの機種も大容量タイプですので、本体サイズが大きいことが特徴です。

本体サイズはほぼ同じ
エアコンの下に置いたパナソニック加湿器
エアコンの下に置いたパナソニック加湿器はかなり大きい

現在、販売されている家庭用加湿器で大容量タイプ2製品について比較します。

パナソニックの加湿器は 気化式 ですので、消費電力が少なく電気代が安くなることが特徴です。

ダイニチの加湿器は ハイブリッド式 ですので、電気代を抑えながらも、タンク内の除菌効果があり、お手入れが簡単なところが特徴です。

↓せっかくのリビングにやぼったいデザインの加湿機は嫌だという方はこちらをどうぞ↓

吹き抜けのあるLDKにおすすめの加湿器2製品の性能比較

大容量加湿器のスペックを比較するために、ポイントを絞りました。

加湿器のスペック比較するポイントは7つ
  1. 加湿方式 
    → 加湿機ごとに加湿メカニズムが異なる
  2. 加湿能力 
    → 20畳以上には1000ml/h以上がおすすめ
  3. 対応広さ 
    → 部屋に合ったものを選ぶのがおすすめ
  4. タンクの容量 
    → 水の補充を何度もしたくない
  5. ランニングコスト 
    → 電気代、フィルター交換代がかかります
  6. 静音性   
    → 騒音を表すdB(デシベル)が小さいほど静か
  7. その他機能 
    → WiFi対応、アロマ対応など
https://sumitomato.com/wp-content/uploads/992278ccd6be4fb81d8b22e3dcff9fc0.pngすみトマト

それでは大容量加湿器のスペックを比較していきましょう。

ここでは性能をわかりやすくするため、人気のバルミューダの加湿器『Rain』を比較対象に入れました。

加湿能力や対応畳数をを比較すると、スペックの違いが明らかになりますね。

商品名加湿方式加湿能力
(ml/h)
対応畳数タンク容量電気代フィルター代省音性その他機能
Panasonic
FE-KXF15-W

気化式MAX
1500ml/h
42畳9.0L47W
約28.2円/日※

6980円(税抜)
10年に1回交換

45dBナノイー搭載
Dainichi
HD-152W
ハイブリッド式MAX
1500ml/h
42畳12L 380W
約228円/日※

3765円(税抜)
5年に1回交換

35dB省エネ運転
BALMUDA 『Rain

気化式MAX
600ml/h
14畳4.2L 23W
約14円/日※

3790円(税抜)
12ヶ月に1回交換

42dBWI- FI搭載

※24時間稼働、1kWh=25円、で計算したときの最大電気代(計算値)

加湿器の加湿方式は主に4種類あり、パナソニックは気化式、ダイニチはハイブリッド式です。

加湿器の加湿方法4種類
  • 超音波式
  • 加熱式(スチーム式)
  • 気化式
  • ハイブリッド式
加湿方式加湿イメージメリットデメリット
超音波式
細かい霧(ミスト)
を出すイメージ
・蒸気が見えるので安心感がある
・電気代が安い

・水中の雑菌を放出する
・周りの家具を濡らす恐れ

加熱式
(スチーム式)
お湯を沸かして
蒸気を出すイメージ
・すばやく加熱できる
・雑菌が繁殖しにくい
・電気代がとてもかかる
・加湿し過ぎで、室内が結露する

気化式

濡れたTシャツに強い風を
当てて乾かすイメージ
・電気代が安い
・雑菌を放出しない

・本体サイズが大きい
・価格が高い

気化式

濡れたTシャツに温風
を当てて乾かすイメージ
・雑菌が繁殖しにくい
・素早く加湿できる

・電気代がかかる
・本体サイズが大きい

https://sumitomato.com/wp-content/uploads/992278ccd6be4fb81d8b22e3dcff9fc0.pngすみトマト

個人的には気化式がバランスがとれていておすすめ!

だって電気代が安いんだもん

吹き抜けのあるLDKにおすすめの大容量加湿器2製品のメンテンス性比較

加湿器をただ水を入れて使っているだけでは、タンク内部が汚れたりして、雑菌が繁殖します。

一度繁殖した雑菌を部屋中に飛ばさないようにするためには、定期的なお掃除が必要。

https://sumitomato.com/wp-content/uploads/992278ccd6be4fb81d8b22e3dcff9fc0.pngすみトマト

加湿器のお手入れや、メンテナンスが面倒なのは嫌!!

パナソニックの加湿器は、10年間交換不要のフィルターがついています。

お手入れは月一回の押し洗いで、簡単にメンテナンスが可能です。

ダイニチの加湿器は、抗菌性の素材をいたるところに使用しており雑菌が繁殖しにくいような構造になっています。

なかでもタンクの蓋にAg+抗菌アタッチメントがついていることで、汚れやすい箇所の抗菌が可能です。

フィルターは月1回のクエン酸洗浄をすることで、5年間使用可能です。

https://sumitomato.com/wp-content/uploads/992278ccd6be4fb81d8b22e3dcff9fc0.pngすみトマト

タンクのフタは使っていくうちに、だんだん汚れていくもの

この機能はすごい!!

メンテナンス性比較まとめ
  • パナソニック
    • 特殊素材のフィルターで10年間交換不要
    • 月一回の押し洗いが必要
  • ダイニチ
    • 雑菌が繁殖しにくいハイブリッド式
    • さらに抗菌アタッチメントにより、常に清潔
    • フィルターは5年間で交換

メンテナンス性に関しては、ダイニチのほうがお手入れらくらくです。

吹き抜けのあるLDKにおすすめの大容量加湿器2製品のうち、どっちがおすすめか

https://sumitomato.com/wp-content/uploads/f568217ea5135e6d3773f9c499a4b178.png嫁トマト

結局、どっちの加湿器を買えばいいの?

どちらも国産メーカーですので安心!!アフターサービスも期待できます。

大容量加湿器の選び方
  • 省エネでナノイーでうるおいをプラスするなら、パナソニック
  • 静音で、お手入れを少しでも楽にするには、ダイニチ
https://sumitomato.com/wp-content/uploads/992278ccd6be4fb81d8b22e3dcff9fc0.pngすみトマト

わたしは日々の電気代を抑えたいので、パナソニックの加湿器を実際に購入しました。

吹き抜けのあるLDKにおすすめの大容量加湿器比較まとめ

今回は、20畳以上の広いお部屋におすすめの大容量加湿器を紹介しました。

個人的には、日々の電気代が上がることを気にして、パナソニックの加湿器を実際に購入しました

うるおいたっぷりで、家中の湿度が60%より下がることはなくなり、乾燥を感じることはありません。

しかしダイニチの加湿器は静音性、メンテナンス性に優れており、加湿器量販機国内シェアNo.1の実力のある製品ですので、とっても魅力的です。

https://sumitomato.com/wp-content/uploads/992278ccd6be4fb81d8b22e3dcff9fc0.pngすみトマト

お部屋の乾燥を感じているなら、一刻も早く加湿機の導入するべき!!

湿度が低いと、風邪を引いたり、体調を崩す原因になるので注意しましょう。

新着記事

買ってよかった 新居におすすめの家電実際に買ってよかった!新居におすすめのコスパのいい家電まとめ 【2019年】吹き抜けにおすすめの大容量加湿器比較20畳以上LDKや吹き抜けのお家におすすめの大容量加湿器を徹底比較|パナソニックvsダイニチ【2019年】おしゃれ加湿器比較おしゃれで高性能!リビングのインテリアにおすすめの加湿器を徹底比較【2019年】パナソニックキッチンおすすめの理由採用して正解!パナソニックアイランドキッチンをおすすめする3つの理由|住友林業web内覧会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。