建物解体で100万円以上を節約する方法

建物解体自己手配

こんにちは

すみトマトです🍅

 

今回の記事は、

建物解体についてです。

興味ない方は無視してください。

 

この度、新居を建築するのですが、

建設予定地にはもともと住居があり、

解体をしてもらう必要がありました

 

ハウスメーカーで解体を依頼しようと

見積りをお願いしたら

250万ほどかかるとのこと💦

 

建物を解体するだけで、

これだけ取られては、

新築にかける予算が

無くなってしまう

と悲観的になりました😂

 

そこで、

解体業者を自己手配することに決めました

 

地元の解体業者に

相談したところ

100万円でするよ!

と、笑顔で応えてくれました

 

差額150万円は大きいです♡

 

解体作業の段取りを

自分でしなくてはいけませんが、

かなり節約効果があったと思います

 

実際、着工同意の少し前にまでに

解体が終わっていれば良いので、

時間的には余裕がありました

 

住友林業側からは

建物解体に関する同意書を求められます

内容は解体を自己手配するので、

何かあった時の責任は自分で負います

といった感じです

 

それだけで特に問題は起きておりません

↓以下、同意書のサンプルです↓

 

設備などを施主支給をすると、

ある程度、金額を抑えることができます。

すみトマトも一部の設備で施主支給をする予定です。

 

しかしハウスメーカー側で保証が、

効かなくなるといった問題も出てきます

大事な設備が突然使えなくなると、

困ってしまいます。

 

折角ハウスメーカーで契約したのだから、

頼れるアフターサービスに任せたいところです。

 

施主支給は

設備の手配、配達、取付など、

自分で段取りすることが多いので、

ややハードルが高いように感じます

 

でしたら、

解体では、どうでしょう?

 

元からある家を壊すだけなので、

保証も、なにも関係ありません

 

解体の段取りも、日程の調整だけなので

ハードルは低いと感じます

 

以下、まとめです

施主支給や自己手配のメリット

コストを抑えること

 

施主支給や自己手配の注意点

①ハウスメーカーの保証適用外となる

②自分で手配の段取りをすることが必要

 

上記に挙げた①、②の注意点に関して、

あまり気にすることなく、

できるのが解体業務の自己手配です。

 

もしも解体が、必要であれば

ハウスメーカーに依頼するよりも

自己手配することをオススメします

 

以下、宣伝です。

興味のない方はすみません

今回、すみトマトは

解体業者を

植田工業さんにお願いしました

 

植田工業さんは、

愛知県、岐阜県を中心に活動している

解体業者です
[bcd url=”http://uedakougyo.com”]

植田工業プロモーション動画

もしも解体業務のご相談があれば、

すみトマトも協力します

コメント欄に記入して頂ける助かります(^^)

下記のリンク先をポチッとすると
人気ブログが見れます
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。