20代が建てる住友林業のモダンな平屋

20代夫婦が住友林業で28坪の小さな平屋を計画中🌈 開口部から土間続きのLDKが特徴的なお家です。

問題発生!! 〜値引きについて〜 解決編

calendar

こんにちは

すみトマトです🍅

 

以前投稿した『問題発生‼︎』の記事の閲覧数が

すみトマトのブログの記事のうち、

一番高い閲覧数になっています👑

 

コメントを頂いた方が多かったので、

進展を報告します。

まだ読んでいない方はこちらのリンクから↓

問題発生!! 〜値引きについて〜 | 20代が建てる住友林業のモダンな平屋
こんにちはすみトマトです🍅 問題発生!! 地鎮祭も無事に終了し、後は着工合意のために見積りを確認していました...

 

前回の簡単な復習です。

今回は時系列で説明します😃

 

*問題発生の1ヶ月前*

見積書に記載の値引き額が重複していた。

値引額が重複すると、全体の見積金額合計にも影響してきます。

その後、打ち合わせを3回行い、

その都度頂いていた見積書は

全て値引き額重複の記載ミスがありました。

見積書が間違っていると連絡がありました。

簡単な謝罪があり、

見積書の記載ミスを修正されました。

修正された見積書は、

値引きの重複分が一切なくなっていました。

これまで、記載ミスのある見積書を頼りに

打ち合わせをしてきたので、

『困ります。なんとかしてください』

と、営業さんに伝えました。

 

ここまでが、以前の投稿でお伝えした話です。

 

↓ ここから、続きです ↓

問題発生後、次の打ち合わせで営業さんから謝罪がありました。

見積書の記載ミスは修正しますが、

新たに○○円(間違った値引額の3割)の値引きをします。

間違いがあった値引き分全額の協力は難しいです。』

と、新しい見積書を作ってきました。

 

しかし、納得いきませんでしたので、

『全額に近づけてください』

と返事しました。

 

それから、数日後、電話で連絡がありました。

 

内容は、

以前のお話からさらに○○円

(つまり合わせて、間違った値引き額の6割)

協力できそうです。

これ以上は厳しいです。』

 

その時は間違った値引き額の

6割頑張ってくれたから、

よかったと思い、納得しました。

 

次の打ち合わせで、

電話で話合いをした結果を

反映された見積書をいただきました。

 

ところが、その時、営業さんから一言。

 

『実は、他に見積書に記載漏れがありました。

この分はサービスさせていただきます。』

 

結果、

間違いのあった値引き分の6割と

新たに発覚した記載漏れ分のサービスで、

最初の重複していた値引き額を上回る対応となりました。

 

この結果は予想していませんでした😲‼️

 

よく考えると、

記載ミスのあった見積金額と比べると

金額的にはやや増加になりますが💦

 

それでもすみトマトにとって

いい結果となりました😄✨

 

誠意のある対応をしてくれた

営業さんにはとても感謝しています😌💐

 

このように不満が残らない結果になったのも、

皆さんのアドバイスのおかげだと思います🌈

 

契約後のトラブルを経験されている方もいると思います。

 

すみトマトのように、解決できることもあるので

交渉事が苦手な方も、まずは思っていることを伝えることが重要です👍🏻

 

下記のリンク先をポチッとすると
人気ブログが見れます😍

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村

インスタやってます。
気軽にフォローお願いします🍅

@sumi_tomato

注文住宅の打ち合わせは、考えることが多くてとても大変。 その第一歩として、多数のHM/工務店からの提案を受けることは、各社のよいところを比較でき、効率的に進めることができます。 タウンライフを使って家づくりの第一歩をスタートさせましょう。  

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。